JTJ宣教神学校は、自分を愛することを学び、隣人を愛することに生きる。 JTJ宣教神学校はいつでも入れます
ホーム>JTJ物語14

JTJ物語 (14)


13年ぶりのアメリカ伝道旅行

1991年の秋、『北米ホーリネス教団』の招きをいただいて、13年ぶりに家内とともにアメリカへ行きました。
 4年の留学に区切りをつけて帰国するとき、ぼくは、一つの堅い決心をしました。「10年は国外には出ない。宣教の仕事に取り組んで、それなりの成果を上げなければ、アメリカには帰ってこない。」  そして、『北米ホーリネス教団』の招きをいただき、「ついに時が来た!」と思いました。帰国後、それなりの成果は上げられなかったものの、JTJの分校を訪ね、拡大への打診のためにもと、二つ返事で招きを受けさせて頂きました。


どこにもJTJの学びが

 4週間は、ほんとうに楽しいものでした。
 びっしりのスケジュールで、集会のない日はほとんどなく、レンタカーを運転して、カリフオルニア州にある『北米ホーリネス教団』の全教会を巡回しました。かつて、留学中に、学生牧師として、『北米ホーリネス教団』のお世話になっていたので、なつかしい方々が、どこへ行っても大歓迎して下さいました。1世のお年寄りの中には、この13年の間に、すでに天に召された方々もおられましたが、ほとんどの方々は、お元気でした。そして、何よりもうれしかったことは、行く先々で、すでにJTJの学びが始まっていたことでした。これは、中野雄一郎学長ご夫妻が、銀婚式を記念して、JTJ宣伝の旅をして下さった賜物でした。

 以下に、JTJに関係する事柄をレポートいたします。

 パサデナに「なかよしクラブ」という「家の教会」がありました。林さんという、中国人の方の大豪邸で(たしか2000〜3000坪の敷地で、テニスコートとプールが裏庭にありました)、まるでホワイトハウスのようでした。40〜50人の中国系の方々と日系の方々が集まり、林さんの通訳で、伝道集会がありました。
 この「家の教会」のなかに、わがJTJの分校があるのです。ほとんどが中国系の方々ですが、日本語の分かる方が多く、皆さん大変喜んで学んでいて下さるとのことでした。
 カリフォルニアの最南端、メキシコ国境沿いにあるサンディエゴ・ホーリネス教会は、大川道夫先生が牧師を勤めておられます。もっとも親しい先生の一人で、「みっちゃん・みっちゃん」と呼んで、4日間の楽しい交わりを頂きました。その中の一晩、JTJの学生の皆さんが集まり、心のこもった晩餐会を催して下さいました。30人程の集まりだったでしょうか。ほぼ全員が女性、という華やかで、カリフオルニアの青空のように、とびっきり明るい集まりでした。「JTJ女子専門学校」と呼ばせてもらいました。まるで修学旅行並みのはしゃぎようでした。みっちゃんの弾くピアノにあわせて、一人1曲・1節だけ、たっぷり聖歌を歌いました。「JTJ」のネームが入った、ブルーのTシャツをおみやげにいただきました。


中野雄一郎ご夫妻の労苦の実

 北に上がって、シリコンバレーのまっただなかにある、サンタクララ・ホーリネス教会は、吹上信一先生が牧師を勤めておられました。100人を越える会衆が礼拝に集まられました。その午後、JTJの学びをしている方々が中心になって、質疑応答のときを持ちました。なぜか、爆笑に継ぐ爆笑で、「信ちゃんご夫妻」の温かな人柄がよく浸透した、すてきな人々でした。

「仕事の疲れで、夜、集まって勉強するのはきついです。居眠りをしてしまいます。テープのコピーを許可してください。家で元気なとき、勉強します。」

「わかりました。中野雄一郎先生の奥さんにお願いしておきます。」

「夫婦で勉強するとき、一人、半額の50ドルにして頂けませんか」

「わかりました。中野雄一郎先生の奥さんにお願いしておきます。」

「日本に帰った人たちが、気楽に通える教会が欲しいです。どうも日本の教会は規則が多くて、きゅうくつだから、留まれません。」

「わかりました。中野雄一郎先生の奥さんにお願いしておきます。」

 安藤秀世先生の案内で、ラスベガスにも行かせて頂きました。5人の方が集まられ、家庭集会が始まったばかりでした。この町にも3000人以上の日本人が住んでいるとのことで、教会を作りたい、という祈りが捧げられています。女性のための生涯学習プログラムを始めたい、とくにカウンセリングを体系的に学びたい、ということで、まもなく勉強が始まります。とにかく、行く先々に、すでにJTJが入っていて、「あっ、テレビの先生だ」「授業ですでにお会いしています」
 という声で迎えられるには、正直びっくりして、うれしくなりました。ホーリネス教会だけではありません。いろいろな教団の教会で、そしてグループで、いま(1991年秋)、JTJが始まろうとしていました。個人でも、近所の人たちを誘って、すでに勉強を始めている方々がありました。開校から2年、ここまで敏速に働きを進めてくださった中野先生ご夫妻の労に、頭が下がる思いでした。


神学校に対するお問い合わせ JTJ宣教神学校までの地図