卒業生・生徒の声

卒業生の声

小林 憲二さん

行徳恵みキリスト教会主任牧師
小林憲二

JTJに通うきっかけは?

洗礼を受けて5年後に、支部教会の3周年記念礼拝に応援賛美チームの奉仕者としてお手伝いに行きました。お声掛けしていただいてから数週間、霊的準備を整え、後は全て主にお委ねし、ご奉仕に望みました。無事ご奉仕が終わり、座席に着き、ホッとひと息すると牧師先生のメッセージが始まりました。しばらくして微かな声が耳元でしました。その声は「お前もこれをやるんだ」と聞こえました。すぐ様、同じトーン、同じ声、同じ言葉が繰り返し聞こえました。私は硬直状態になってしまい、礼拝後に妻に打ち明けました。帰ってから主管牧師に相談しました。洗礼後から神学校に行く事を進められておりましたが、私はいつも誤魔化し逃げ腰でした。

しかし、あの声を聞いてから決意が固まり、みなさんに祈っていただき入学願書を提出しました。

JTJに通って変えられたこと

私は、神学とは何ぞや?聖書を深く学びたい期待と同時に54歳になって義務教育しか受けていない私が神学校?と言う不安が頭の中にありました。教室では、学歴からすると私のレベルと大学や大学院をでた方々のレベルの違いを思わされる事もありました。そういった時いつも私を慰めてくれたのは神様でした、ある授業の中で先生が紹介された詩を通じて元気付けてくれました。その詩は「願い」というタイトルで。
むずかしい神学は何一つわからないでも
素晴らしい説教は何一つできなくても
悲しく泣いている一人の魂のかたわらで
そっと一緒にないてあげることのできるそのようなそのような人に私はなりたい。
むずかしい神学は何一つわからないでも
素晴らしい説教は何一つできなくても
夕日に映えるぶなの木の林で小鳥たちと一緒に神の愛を歌う そのようなそのような人に私はなりたい。
むずかしい神学は何一つわからないでも
素晴らしい説教は何一つできなくても
誰一人通らない山の小路にそれでも微笑みながら咲いている花のようなそのようなそのような人に私はなりたい。
私も一人の魂のかたわらでそっと一緒にないてあげられ。一緒に神の愛を歌い、微笑みながら咲いている花のようになりたいと。そして、生きておられる神様は、万能の神、遍在の神であられ、いつでも共におられます。ですから、楽しく安心して2年間、教室で学ぶ事が出来ました。